パワーが弱い時、加工されない部分がある。



MDF9㎜をカット、彫刻の加工をしようとしています。
使用頻度は年に数回程度です。購入してから6年くらいたちますが、まだレーザー管を交換したことはありません。

Adobe Illustratorの図と、加工後の写真です。
赤、緑:カット スピード700 パワー100 回数3 + スピード200 パワー100 回数1
黒 :彫刻 スピード4000 パワー11 回数1
(私のCO2は最低パワーが11です。購入当初より10以下だと加工されません。)

カットの部分は正常に加工されています。

彫刻の線が加工されない部分があります。
円や、線が曲がる付近が加工されていません。まっすぐな線だけ加工されているように見えます。
同じ線をカットの設定で加工するとすべて加工されます。
どうもパワーを上げていくと加工されない部分が減っていくように感じます。

どなたかこのようになる原因で思い当たる事があるでしょうか?

そろそろレーザー管を交換する時期と言えそうでしょうか?
9㎜のMDFを上記の設定で完全にはカットしきれず、軽くゴムハンマーでたたいて押し出しています。