ハニカム板の変形により加工が弱くなる現象

数か月使用していくうちに加工物の切断や刻印が薄くなってきたのでミラー清掃やレンズ清掃をやってもあまり変わらず、レーザー管の特徴かと思い、出力を徐々に上げていきましたが、今日明らかに違うことに気づき、いろいろと確認したところ、ハニカム板の中心部が弓なりに落ちていて、高さ調整治具で確認したところ5mmくらい空いていました。この時端を治具で測るとピッタリでした。板を外し、平らなところで平らにした後セットしてテスト。初めのころの刻印、カットに戻りました。
気付かなかった理由は高さ調整治具では中心ではなく、端に近いところで高さ調整していたため(ハニカムの平行度を信用していた)中心が徐々に下がっていることに気づかなかったことです。

1 Likes