タック紙などの剥離紙のついた紙の上の紙だけ切り出せますか

タック紙やラベル紙の上の紙だけ切り出したいのですが、パラメーターが判りませんので試行錯誤してます。プリセットにあって然るべきだし、そもそも紙とかの切り出しの際、浮いたりするのをどう固定したら良いのかとか、マグネットで四隅抑えれば良いのだとか当然あるべきアドバイスがどこにも無いのが不思議でなりません。ユーザーがワイガヤで育てていく商品なのでしょう。昔のマッキントッシュのフォーラム思い出します。アップルの最初の10年は面白かったなあ。

miniの場合だと、カッティングシートでパワー100%、スピード1000で、程よくシール部分だけカットすることが出来ました。ただし、シートがたわんでいたところは、殆ど切れていませんでしたが。コピー用紙も同様です。用紙に限らず対象はマスキングテープで固定するようにしてます。高さのあるものは、かまぼこの板を固定し、そこに対象をまたテープで固定するようにしています。
紙、段ボール、木、コルク材、アクリル板、皮と、刻印したり切ったりと試行錯誤したので、おおよそのアタリをつけられるようになりました、新しいものをやるときや、久しぶりをやるときは、予想の半分くらいのパワーで試すことにしてます。

1 Likes

なるほど、パラメーター情報の共有はこうした手作りツールの場合生命線だと思っています。有難うございました。試行錯誤で無駄紙の山と考えただけでゲンナリ来ていたのですが、大変分かりやすいご投稿参考になります。予想の半分のパワーですね。了解です。因みに当方はEtcher Laser 3.5Wです。アクリルのキリ文字看板を作りたいのですが、まだバルサも切ってません(^^; 今後ともどうぞ宜しくお願いします。

縦線は切れているのですが、横線が切れません。円形では左右の部分のみ切れるのでレーザーのパワーが縦横で違うのでしょうか? 謎というか設定の直し方が分かりませんし、円も切れないとは外れに当たったという事でしょうか? また二枚タック紙がゴミになりました。

横線がダメということですが、横線が全滅では無いのですよね? 図形の大きさはどれくらいなのでしょうか。直径約60mmで中にアルファベット文字を入れた図形で、カッティングシートに切り目を入れた際、文字のサイズが小さいものは切れ目が入っていないところが多くて・・・ カット回数を2回にしたり、パワーを変えたりと何回か繰り返した後、最後はカッターでということも。ここまで書いて何のアドバイスにもなってないことに気が付きました。

EtcherLaserはMiniよりも若干出力が抑えられているようなので、もう少し強い出力が必要かもれません!


私の場合は新しい素材に加工する場合、最低限の素材ロスで済むように1〜2cm程度の小さい四角や円などを加工してパラメータを探っています!
タック紙の上の紙だけ切り出すというのは難易度が高そうですが、、特に素材が白色だと稀に切断できていない部分があったりします。もし他の素材で高出力・低速度でも円が全く切れなければサポートに連絡した方が良いかと思います。

瓶ラベル210228横2カットライン

これがデータなんです。

もう少しとはどういうパラメータでしょうか。現在試みたのはプリセットのコピー用紙切断がベースで以下です。添付データの横がまるで切れておらず縦も円形では耳のような形に焦げるだけ。背面のアルミ板からの反射なのか部分的に二重に焦げているところが数カ所ありました。

9B87214B-AC15-4C32-88B1-5C5A2882CB2D_1_201_a

瓶ラベル210228横2カットライン

1.S1000/P100/T1
2.S1000/P100/T2

因みに使用してるタック紙はA-oneのA4(210x297)ラベルシールで厚み0.07mm、総厚み0.13mmというものです。

アドバイス有難うございます。サポートにもデータやラベル紙情報は送って検証をお願いしていますが、プリセットのコピー紙切断で同じコピー紙がラベル加工されただけのラベル紙が満足に円形が切れていないのは腑に落ちないです。縦横が満足に切り出せないのは固有の不良なのかもしれません。

解決しました。サポートの丸角さんからやけ具合からレーザーヘッドの設定が狂っているかもとの指摘があり、治具でやりなおしたところ、2、3ミリ隙間が空いていました。また、印刷データにもカッティングラインを当たりで入れたために、黒い部分だけ余計に焦げるという現象に繋がっていたようなので、印刷データからは当たりのラインを削除したところ、上手くラベルの紙だけカット出来ました。プロファイルは1000/100/1です。76877081-FBA0-404D-B794-14A2978FF6F7

2 Likes