匂いについて

自室で、使っています。
アクリルをカットすると刺激臭がそこそこ出ます。
排気ダクトを付けていますが、結構刺激臭を感じます。
ねじの締まりを確認する等、点検すべきところはありますか。

1 Likes

smartDIYsサポートです。
製品の取り扱いに関し、ご不便をおかけし申し訳ございません。

排気ダクトを取り付けている場合、集塵フィルタを取り外して使用することが可能です。フィルタを取り外すことでファンの吸い込みが強くなるため、一度お試しいただければ幸いです。
また、排気ファンの強さを設定できますので、より強い設定にしていただければ幸いです。
(メニューバー > 設定 > EtcherLaser をクリックするとEtcherLaserProダイアログが表示され設定できます)
よろしくお願い申し上げます。

ありがとうございました。
試してみます。

1 Likes

ご説明の通り、フィルターを外し排気ダクトを屋外に放出しファンのスピードを上げてみましたが、匂いはかなり室内に漏れます。
前面蓋を締め付けた状態でも水槽の位置あたりから風が出てくるのが手で感じます。
前面蓋の上下を養生テープで塞いでみましたが匂いを抑える効果はあまり感じません。
ネジの閉め忘れ等点検するところや、ほかの対策はあるのでしょうか。

@11155
平素よりお世話になっております。smartDIYsサポートです。
ご提案の内容についてお試し頂きありがとうございます。

前面蓋を締め付けた状態でも水槽の位置あたりから風が出てくるのが手で感じます。

加工機の左右の排気口から空気が排出されるのは正常な状態となりますのでご安心ください。
水冷の冷却ファンや電源のファンが内包されており、そちらから風が発生いたします。

改善の方法としましては、隙間とみられる箇所をマスキングテープ等で塞ぐことが有効かと存じます。
※完全に密閉させると給気が行われなくなるため、本体後ろの給気口は塞がないようにしてください。
※匂いや排気を完全に除去できるようには設計されておりませんので、あくまで軽減させるためのものとお考え頂ければ幸いです。

製品のお取り扱いに関してご不便をおかけして申し訳ございません。
引き続きどうぞ宜しくお願い申し上げます。

マスキングテープで塞いでよい場所を具体的に教えていただけますでしょうか。
できれば図で示していただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

ご連絡が遅くなりまして申し訳ございません。
写真を添付しましたのでご確認ください。
製品の前面と向かって左側の写真となります。
右側のマドは電源がありますので塞がないでいただければと存じます。左側 前面

1 Likes

製品の前面と向かって左側の写真と書かれましたが、正面と右側ですよね。

正面と右側を目張りしてみました。
使ってみたら裏側の排気パネルの周囲も漏れを感じたので、そこも目張りしました。
結果、完全ではないですがかなり匂いが薄れました。これで使い続けようと思います。
ありがとうございました。

正面と向かって左側では?
右側はそれほどファンは大きくないです
目下排気ルートの固定化と静音化改造中です。
いたるところに排気ルート以外に隙間があって、
表面をふさげばそれ以外の隙間に逃げる鼬ごっこです、
価格に見合ったレベルの製品だと思います、あとは個人の戦いかと思います、

木や紙を切断した際に匂いや煙が充満し部屋が白く曇ってしまうため、上の写真を参考に正面と正面左側をマスキングで塞ぎましたがあまり改善しませんでした。

非加工時であっても、本体後方から空気が出ているのですが、本体後方でマスキング可能な部分があれば示していただけないでしょうか?

よろしくお願いいたします。

使用者からのアドバイスです、
前のフィルターを取り外す構造とほとんど同じ構造が裏にもありますが、
どちらも隙間が目で見てもわかるくらい空いています、
前と同様にマスキング等でふさぐといいと思います、(うちの機械は隙間をスポンジで詰めています)
非稼働時でも排気ファンの稼働能力を上げてることも重要、
そして排気パイプで屋外に排出する、
ですが、、まだうちの機械でも足りないです、本体排気ファン以外にダクト後方にももう一つ弱い目の排気ファンをつけていますが・・・今後強いファンに取り換えと予定、(アクリルをカットすると家中刺激臭がします)
細かく見ていくとラジエター側(向かって左)に排気ファンのある部屋とつながっているところがありました(注いたるところ穴のつながりがあります、穴埋めが必要。暗くしてライトで照らして反対側から光が漏れればそこは排気の逃げ場所になっています)ここからある程度の排気が室内に回ってきていると思います、ラジエターの排気をできれば屋外に出せればいいのですが・・
ラジエター排気(下から吸って左側面から排気)も排気パイプにつなごうと考えています。
なかなか手ごわいです。

tifさん

アドバイスありがとうございます。
加工エリアとその他の部屋の境目や本体後方も可能な限りマスキングをしてみました。
少し軽減されたものの、まだまだという感じです(排気パイプ使用)。
吸気口から煙が漏れている気がしますが、ここを塞ぐわけには行かないので悩ましいです。

主にMDF(4mm)の切断をしているのですが、
MDFを薄いものにし、レーザーパワーを下げて再試行してみようと思います。

私も同様にニオイに悩まされております。

結論からお伝えしますと、筐体よりニオイ漏れを防ぐのは筐体、及び構造から判断して「100%ニオイ漏れを防ぐのは無理」という結論にいたりました。

▼ニオイ漏れ対策(1)
まず、加工部から排気ダクトまでの通路(集塵フィルターを収める通路)からのニオイ漏れを防ぐため、加工エリア手前にある吸気口の穴を密閉しないよう隙間を厚紙画用紙とマスキングテープを使って塞ぎました。
が、ニオイの軽減にはならず・・・。

▼ニオイ漏れ対策(1)
筐体背面部のレーザー発振菅に廃熱用の穴が沢山空いていますが、本来は吸気口の役目かと思いますが、この穴から加工エリアからのニオイが排気されていたので、発泡スチロールなど使い排気ダクトを取り付けました。

これで、更にニオイは軽減できましたが筐体の隙間から排気されているようで、ここからのニオイを抑えるため排熱の邪魔にならない範囲でマスキングテープを使い筐体の隙間を埋めました。

これでもニオイ漏れは防げませんでした。

結論としては、加工エリアから基盤や電源ある下段?へ続く配線用の穴からニオイが漏れており、ここを完全に防ぐことはシーリング剤で埋めるしかないと思いましたが、さすがにサポートが受けられなくなる可能性もあったので諦めました。
※下段に流れたニオイが筐体の左右にある排熱対策用の穴から漏れていると思います。

最終手段としては、
MDFなどでボックスを作り、筐体自体をボックスで囲うしかないと思います。
正面左側にレーザー発振菅を冷やすラジエーターがあるので、ボックスの右側に吸気FANを取付、ボックスの左側に排気用ダクトを取り付け、MDFボックス内のニオイを室外に逃がす方法しかないと思います。
※天板にはアクリル製の扉を設置
※排気部分にはオプションの「排気ファンキット」で風の流れを作る必要はあると思います。
※時間があればMDFボックスを作ってみます。

IMAG4333 IMAG4334

smartDIYsサポートです。
皆様EtcherLaserProの臭いについてご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。
また、検証を行っていただきありがとうございます。

弊社でも皆様の意見を参考に検証を進め、快適にものづくりを行っていただけるよう対策を講じてまいります。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

臭気について
購入後、アクリル、皮革、木彫刻等で臭気に悩まされておりました。
フォーラムの皆さんの状況を伺い対策を行いましたが、どれも十分な効果が見込めず、最終的には以下の対応でほぼ臭気が漏れなくなりました。
①フィルター、防音パネルの取り外し。
②作動中は3基の排気ファンはかなり強力に排気しており、とてもよくできています。
臭気は排気ファンの後部のパネルの隙間から漏れ出していることが確認されました。
③第一段階での対応は排気ファン3基の大きさに合わせてフードを作り、これを装置外のダクト排気するような構造にしました。これで、かなり減少することができましたが、まだ、臭気が感じられました。
④改めて、取り外しファン回りを確認するとファンが取り付けられているパネルの間に噴出した痕跡が見られましたので、コーキング材でシールして改めてフードを取付けました。
⑤加工室向かって左側奥のパイプ類は下側から塞いでおります。
参考までに写真を添付いたします。
とても良い装置なので、これだけ臭気が漏れるのは何とも残念です。
また、3基の排気ファンの出口側スペースはファンケーブルが剝き出しですので、接続ソケットとケーブルがすぐに排気されたもので汚れてしまいますし、排気の粉塵が室内に放出されています。
HEPAフィルターがつけられていますが、部分的にはしっかりできているものの、隙間が多く本来の性能が見いだされないのではないかと感じました。て排気系をご確認いただき、3基のファンからダクトへつながるフードを検討いただければと思います。

11145さん
参考となる情報ありがとうございます。
写真が添付されていないようなので、可能であれば見せていただけると嬉しいです。

③についてですが、本体背面の排気ダクト結合用のパネルを外してから手作りフードをファンにかぶせるイメージでしょうか?
排気ダクトを使用していますが、排気ファンとダクトの間の空間から、本体左側のラジエーターのゾーンへ相当量の煙が流れているようでした。
ここの部分を対策できればいいのですが、空気の通り道がいろいろある上にケーブル等もあるので手を出しにくいです。

hideさん

写真が添付されていなかったとのこと、失礼いたしました。改めて処理してみます。
③について、
本体背面の排気ファンから排出された空気がダクトプレートがついているスペースのところでいったん充満することになるようです。ですからこのパネルがついているあらゆる隙間から漏れ出ていることが確認できましたので、要は排気ファンから直接排気ダクトに接続すれば良いことになります。
本体内部は部分的にしっかりとシールドコーキングがされていて、隙間と言えばチューブの隙間と若干の組み上げによる隙間程度です。加工室内は作動時にかなりの陰圧になっているようです。(減圧量は測定していません)
P1 臭気対策3

11145さん

ありがとうございます。かなり参考になりました。
排気ファン通過後の空気を排気ダクトへ直接誘導することが大事ですね。
私も同様の機構を作ってみようと思います。

いい機械ですので、早く使えるように頑張りたいです。

hideさん

ダクト取付けカバーとフードを外してファンを見ましたところ、ファンが相当粉塵等で汚れておりました。今後、使用状況にもよりますが定期的なメンテナンスが必要と考えられます。従って、私が作成した黄色いフードはプラスチックのボードを折り曲げて、強力両面テープとグルーガンで仕上げたものですので、メンテナンスを行う上では少々不向きです。
これからお作りになるのであれば、①排気フード(黄色いもの)をしっかりとしたMDF等で作成し、これに排気ファンケーブルのスペースと縁を切る形で排気ダクトにつなげるカバーを作成し、ヒンジをつけてねじ止めすれば良いかと考えています。
もう一点、先に記載しましたが、装置背面の排気ファンと取付けパネルの間に若干の隙間がありますので、ここはグルーガンかコーキング剤で処理しないとしっかりした排気フードを作成しても漏れ出しますのでご留意ください。取外してパッキンをかませればこの処理は不要と思います。
改めて仕事の合間に作成してみたいと思います。
hideさんも良いものができましたらご教示ください。