Laserで加工してはいけない材料

#1

Cutできる材料をさがしながらカットして、どうも煙がおかしいと思いカット、彫刻をしていたのですが、品物について出る煙を見て、疑問になり、調べたら、やはり塩ビ系をレーザーで焼くと「塩化水素ガス」が発生することが分かり、PVCなども含めてダメなことが分かりました。そこで疑問なのは、MDF、ベニヤ板はどうなのか、もしも塩素系ガスが発生するのなら大変なことになるかもと思い現在はlaserはお休みしています。皮なども塩ビ系の樹脂が使われてるようです。
使用したらイケナイ、使用する前に調べる。教えてください。使用できる材料を。

#2

初めまして、FABOOL Laser Mini のユーザです。
私も加工するときに初めての素材は下調べしたしますが、基本的に「燃やして大丈夫なもの」はOKだと判断しています。
Google先生に「〇〇(原料名等) 燃やして大丈夫?」などと聞いています(笑)

あとは有害物質が発生するものに関しては最終的には自己責任だとも考えていますが、環境基準(他人の迷惑)などもあるので出来るだけ加工しないようにしています。
いずれにしても、化学の専門家ではないので、大丈夫だと思っている素材についても換気には注意するようにしています。加工時の煙は「タバコの煙」と同じようなものだと思えばある程度の指針は立つのではないでしょうか。(私は愛煙家ですが笑)

過去にもこのようなトピックがありしたが、他の方の調査方法や判断基準もぜひ知りたいです。

#3

返信ありがとうございます。
現在1つだけは加工してはいけないものがあります。塩ビ類は絶対にダメです。「塩化水素ガス」が発生することが判明しました。アクリルサンデー殿の回答で、低発泡塩ビ板に注意がきを入れてもらえるように連絡をしました。製作物の加工と接着とがしやすく、ナイフ、鋸で加工していたものを、Laserで加工したのがきっかけでした。煙,臭いが異常だったのです。その煙の色、においが気になり、MDF,ベニヤ板、皮などまで進み、各メーカーの返事待ち状態です。
塩化水素の恐ろしさを知り、害のないLaser加工の楽しさを満喫したい。
LaserMiniは加工停止中(2020.03.03)です。