切り絵の加工について

#1

サイト内に、パンダの切り絵や和柄のうちわ、フレームに入ったかわいい切り絵の製作サンプルがあったのですが、切り絵のデータの作り方と加工データがわからないため、オリジナルの切り絵を製作したくても、なかなか加工までたどり着けません。

切り絵のデータの作り方と、画用紙を切り抜くパラメータ値について教えて頂けたら幸いです。

よろしくお願いいたします。

#2

smartDIYsサポートです。

切り絵のデータ作成方法についてご案内いたします。

https://www.conifer.jp/qr_make/how_to/vector-henkan2.html

まず、元となる画像を用意します(手書きの絵をスキャンするなどして)。
上記サイトで紹介されている「Inkscape」というソフト、並びに作業手順を行い、スキャンした画像データをベクター化(拡大縮小しても劣化しないデータ)します。
そのデータのストローク(線)に色をつけていただきsvgにて保存。
弊社ソフトウェアに読み込んでいただければ、カット可能なデータが作成できているかと思われます。

また画用紙を切り抜くパラメータですが、お使いの機器や画用紙の厚さによってパラメータが変わってきますので、はっきりとした数値をご案内できないのですが、ソフトウェア上のプリセットに「コピー用紙切断」がございます(FABOOL Laser Miniの場合)。
こちらの数値を参考に最適なパラメータを探っていただくのが良いかと存じます。
よろしくお願い致します。

1 Like
#3

ご回答いただきましてありがとうございます。

使い始めてまもないですので、ご案内頂いた内容を参考に。じっくりと制作活動を行っていきたいと思います。

#4

紙を切る場合紙の下に敷くものは何がいいのでしょうか。
安全を考えベニヤの上に鉄板を敷き薄い磁石で紙を止めてやり始めました。
しかしうまく切れません切れる所と切れないところが出てしまいます。
あとあまり細かいと切り抜く部分の紙が反りレーザーヘッドのカバーに引っかかってしまいます。
結果残したいものを絡めて引きずったりするのでうまくいかないのです。紙を置く台は段ボールとかのほうが良いのでしょうか。また、紙の反りを防ぐために上に透明のアクリルかガラスを置いてもいいのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

#5

smartDIYsサポートです。

弊社としましては、下に敷く素材は鉄板などの金属の板を推奨しております。
切れる部分と切れない部分がある事については、パラメーターの設定をもう少し強めにしていただくとうまくいく場合がございます(白い紙ですとレーザーの性質上、うまく切れない部分がでてきてしまいます)。
また、反りについては素材によってどうしてもでてきてしまいます。厚めの紙を使用していただくことで加工後の反りが軽減するかと思われます。
反りを防ぐためにアクリルやガラスを敷いての加工は弊社で行ったことはございませんが、素材との間に別の素材を入れての加工は推奨しておりません。

具体的な解決策を提案することができず申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。

#6

切り絵ですが一度
https://kirie.xyz/
で一度画像を切り絵のイメージjpgで
保存しその画像をベクター化すると写真でも
繋がって一枚の切り絵になります
https://www.youtube.com/watch?v=PphUtCwRUM0
%E5%BD%B1%E7%B5%B5

1 Like