機能に関する要望について

新製品発売おめでとうございます
CO2を使っておりますがカメラ機能改造によって搭載できませんでしょうか?
カメラの追加USBケーブルの外部出力等いじる部分はたくさんあるとは思われますが
カメラで位置指定できるのは非常に便利だと思っております
お忙しいでしょうが宜しくお願い致します

お世話になっております。smartDIYsサポートです。
この度はご要望を頂き誠にありがとうございます。

位置合わせにおけるカメラ機能の有用性は弊社でも十分理解しておりますので、
現行機種への実装可否について社内で検討させていただきます。

また何かお気付きの点などございましたら、ご意見・ご要望等頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

データ加工中に連続動作時間(設定変更可能)を超えるような場合には自動的に一時停止して
レーザー発振器の保護を行い、発信機をいったん冷却したら再度稼働を行う機能は実装できないでしょうか?
大きな加工物や数が多い加工物にも対応が出来れば作業性が非常に良くなります。
現状では使用者が一時停止やデータを小分けして加工していると思いますがどうでしょうか?
また実装できるようなら一時停止中はそれが分かる表示をしていただけると助かります。

そのほか画面上だけで加工中のヘッドの動きをシュミレートできないでしょうか?(接続しない状態でも可能にしてほしい)
どのようにヘッドが動くか確認しておきたい場合もあるが実機を接続しておいて実際に見てから再度
加工データを編集したりしていますが電源を入れずにできるとうれしいです。

@f512_hash

平素よりお世話になっております。smartDIYsサポートです。
この度はSmartDIYs Creatorへのご要望を頂き、誠にありがとうございます。

今回頂いた加工中のインターバルの自動化に関しましては、次回(またはその次)のアップデートにて実装を行う予定となっております。
現在機能の実装ならびに検証作業を進めておりますので、リリースまで今しばらくお待ちください。

加工順序のシミュレーションにつきましても、社内にて実装可否ならびに実装方法の検討をさせて頂きます。
また何かお気付きの点などございましたら、当フォーラムをご活用頂ければ幸いです。
引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

いつもお世話になっています。

アップデートのお知らせをいただきましたのでv1.2.0をインストールし「繰り返し加工」を試してみました。私にとっては待ち望んでいた機能でした。作業工程は、
・4mm厚ベニア板で細かい部材を複数配置したベクタデータの切断。
・通常4回切りで切り落とします。
・autocadでdxfファイルを作成して、SmartDIYCreatorに読み込みます。
・穴あけ加工など順序を指定する場合は色指定で順序指定を行う。
(ドーナツのように部材の中に穴をあける場合は内側の穴から切り出す指定)
で使用しています。

説明にあります、「この設定を有効にした場合、切断加工の際の加工順序に影響があります。
「同一アイテム」内に複数の図形(◯ △などのパーツ)があり、回数パラメータが2以上に設定されている場合は下記の順序になります。
[有効]: ◯ > ◯ > △ > △ [無効]: ◯ > △ > ◯ > △」

一通りの加工を4回繰り返すのではなく、一つ一つのパーツを4回ずつ加工すれば、不要な移動がなくなり時間短縮が図れるのとともに、移動に伴う誤差の軽減の効果が期待できます。

試用
設定で「繰り返し加工」を有効にして試しました。◯◯△△のデータをdxfファイルで作成し、回数4で切断加工しました。

結果
◯は4回ぐるぐる回って、次の◯に移動していきます。ところが、△部分に入ると、各辺を一定方向に4回ずつ移動する動きになってしまいました。ヘッドはこれまでにはなかったギコギコと激しい動きを行い、ベルトへの負担と加工精度の不安を招きこれでは使えない状況になりました。
その理由は、説明にもあります「同一アイテム」というものと思われます。円は始点と終点が同一で「ひとつのアイテム」になるのでしょうが、三本の直線で構成された△は「同一のアイテム」ではないということですね。
そこで、autocadのポリラインで△を連続する直線で描いた場合は、説明の通り動くことが確認できました。
さらに、cadデータを作成時、◯と△を含むデータを、同一カ所に3回コピーし要素を4回重ねたデータを作成してから、Creatorに送り1回切りで試すと、説明にある「有効」と同じ動きを実現することができました。

そこでサポート様への質問です。

質問1
cadのデータづくりで、すでに描いている複数の要素を「同一のアイテム」に設定し、繰り返し加工に反映する方法があればお教えください。(ポリランとして複数の要素をまとめる方法)

質問2
要素のデータを回数パラメータ分重ねたデータをcadで作成し、ソフトに送って回数1で実現できるなら、ソフト側でデータを重ねて処理できたら、操作上もっと簡素にギコギコの動きは解消できると考えられますがいかがでしょうか。

この「繰り返し加工」の機能は、時間と精度にとってとても有用な機能と思います。ご検討のほどよろしくお願いいたします。
SmartDIYCreatorで、要素を分析し一筆書きや最短経路でたどっていくアルゴリズムはどうなっているのだろうといつも興味を持っています。今回のデータはどのような動きになるのだろうと、まるで自動車ナビの目的地検索のようなものだなと感心させられています。

@Ino

平素よりお世話になっております。smartDIYsサポートです。
この度は機能に関するご要望を頂き有難うございます。
頂いたご質問に関してご回答申し上げます。

質問1
残念ながら弊社ではAutoCADの仕様や操作に関して専門的な知識がないため、最適なご回答を申し上げることができません。
大変恐縮ではございますが、AutoCADソフトウェアの書籍やWebサイト、開発元へのお問い合わせ等をご検討頂けますでしょうか。
なお弊社でも検索しましたところ、AutoCADでの変換方法については下記のような解説動画がございました。


上記の動画がご参考になれば幸いです。

質問2
貴重なご意見をいただき有難うございます。仰る通り、この手法は今回のケースでは有効な方法かと存じます。
一方、ソフトウェアの仕様として上記の方法を適用した場合には下記の問題点が発生してしまいます。
・加工処理データを作成する際のメモリや計算コストの増加
・浮動小数点の計算誤差が影響するため、全てのケースで確実な動作を保証することができない
このため、今回のご要望を実現するのは難しいのですが、今回頂いたご意見は今後の開発の参考にさせて頂きます。

この度は弊社ソフトウェアの機能に関する貴重なご意見を頂き有難うございました。
また、様々な実験ならびに結果の共有をいただき有難うございます。
(最短経路の実装について関心を持って頂けているとのこと、開発チームも大変励みになります!)

また何かお気付きの点などございましたら、お気軽にお問い合わせ頂けますと幸いです。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

サポート様
早速のご回答ありがとうございます。
AutoCADの操作に関する動画の紹介ありがとうございます。”PEDIT”というコマンドがありポリラインへの変換や合成が簡単にできることがわかりました。一括で指定すれば、閉じた図形がそれぞれ合成されたポリラインになりました。これをdxfファイルとしてCreaterに送るとちゃんと「同一アイテム」に認識してくれました。
マニュアルにある説明の通り、◯ > ◯ > △ > △の順で動いてくれました。
この機能は、大変すばらしと思います。時間短縮にもなりますし、何より精度の向上が期待できます。これまで行ったり来たりしながら動いていたのが、一つ一つ仕上げていく感じですね。
◯と△を別の色で指定しておけば、その順序の指定もできることも確認できました。
この機能があれば、質問2のことがらは必要ないですね。

ただし、一つ問題があります。autocadやinkscapeではあらわされている形が、Createrでは一部変形してしまっています。データに問題あるのかもしれませんが、確認いただけないでしょうか。その時の画面のコピーとデータdxfを貼り付けておきます。

%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3

Drawing5.dxf (119.2 KB)

@Ino

平素よりお世話になっております。smartDIYsサポートです。
ご案内の内容のご確認ならびに情報のご共有を頂き有難うございます。
また、DXFデータの読み込み・解釈についてご不便をおかけしており申し訳ございません。
現在ソフトウェアのDXF読み込み機能の強化・更新を行なっており、次回リリースされる ver1.2.1 にて適用される予定となっております。
※なお、今回頂いたデータを開発中のバージョンで確認しましたところ、正常に読み込めることが確認できました。

現在こちらのバージョンの動作テスト等を進めておりますので、リリースまで今しばらくお待ち頂けますでしょうか。
ご不便おかけして申し訳ございませんが、どうぞ宜しくお願いいたします。
1

@Ino

お世話になっております。smartDIYsサポートです。
ご報告頂いたDXFデータの不具合に関しまして、SmartDIYs Creator ver1.2.1にてソフトウェアのDXF読み込み機能の強化を行いました。
こちらのフォーラムへ掲載頂いた"Drawing5.dxf"をver1.2.1で確認したところ、正常に読み込まれることを確認いたしました。

この度はソフトウェアのお取り扱いに関してご不便をおかけして申し訳ございません。
また、不具合改善にご協力頂きまして誠に有難うございました。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

お世話になっております。

小物を連続して同じ加工をする事が多いのですが、毎度のスタートボタンと加工前の警告をOKをクリックするのが非常にわずらわしく感じます。
そこで、加工終了後に[START]ボタンにフォーカスを当てる事はできませんでしょうか?
加工直線の警告ウィンドウも[OK]にフォーカスがあると、Enterキー2回で次の加工ができ、非常に操作が楽になります。
警告ウィンドウは安全面から難しいのかもしれませんが、マウスに触れずに良いというのは非常に快適だと思います。
いかがでしょうか?

@11114
平素よりお世話になっております。smartDIYsサポートです。
この度はソフトウェアへの機能のご要望を頂きありがとうございます。

ご要望を元に社内で協議した結果、誤操作のリスクを減らすためにショートカットキー(複数キーの組み合わせ)を割り当てる形で対応することを考えております。
※警告ウィンドウに関しましては、初期状態では「キャンセル」にフォーカスがありますが、タブキーを押していただくことで「OK」ボタンにフォーカスを当てることができます。

今後実装やテストを行い、問題がなければ次期ソフトウェアアップデートにて対応させて頂きます。
引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

ありがとうございます。
非常にうれしい対応となります。
返信が早くて驚きました。

平素よりお世話になっております。株式会社smartDIYsサポートです。

こちらの投稿にあります「インターバルの自動化」に関しまして、本来でしたら今回(v1.2.2)のリリースに含まれる予定でしたが、社内での検証等を進める中で問題点が発生し、残念ながら今回のリリースでの実装は見送っております。
心待ちにしておりましたユーザ様に深くお詫び申し上げます。
この機能に関しては弊社でも是非実現したく、今後さらなる改善・開発を進めて参ります。
引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

「いいね!」 1

2019年6月に投稿されているy.shioさんの内容の改善を強く希望します。
オブジェクトが複数重なっている際に狙いのオブジェクトを選択するのが非常に手間取ります。
これはほんとどうにかして頂きたいです。

考えられる方法としては
・リストから選択できるようにする
・左クリック長押しでサブメニューが出てきてその中から選択できるようにする
Fusion360というCADの方式と同じです。
があります。

現状の仕様ですと重なっているオブジェクトを一度移動するか
選択したいオブジェクトになるまで「背面に移動→←クリック」を繰り返す
という作業を強いられるためかなり操作性を損なっています。

@CoLabo
平素よりお世話になっております。smartDIYsサポートです。
この度はSmartDIYs Creatorへのご要望を頂き、誠にありがとうございます。

今回頂いたご要望は、その他のご要望も加味しながら社内にて実装可否ならびに実装方法の検討をさせて頂きます。
また何かお気付きの点などございましたら、当フォーラムをご活用頂ければ幸いです。
引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

「オブジェクトファイルの更新」を追加していただきたいです。

1枚の板に複数のオブジェクトを[アイテムを追懐]→[ファイルを選択]にて
設置してまとめて加工している時に修正があった場合
現状ですとそのオブジェクトを削除し
修正更新したdxf/svgファイルを再度アイテムを追加から読み込み
同じ位置まで移動し、レーザーカット設定値を同じように設定しなおす。
コピしたファイルの場合は位置合わせもその都度必要
とかなり時間がとられて生産性が悪いです。

リストから右クリックし[ファイルの更新]をクリックしたら
同じファイル名のファイルを(コピペしたもの含め)位置・角度・レーザー設定そのままにして
すげかえられたらとても助かります。
SmartDIYs内でサイズを変更したものの対応は難しいと思うので対応しなくとも良いと思います。

Faboolシリーズといった大型のものほど
一度に加工するオブジェクトが多くなるので需要は高くなると思います。
商品価値を大幅に向上させる機能だと思うので早期の実装を願います。

「いいね!」 2

@CoLabo

平素より大変お世話になっております。smartDIYsサポートです。
この度は貴重なご意見を頂き、誠にありがとうございます。

今回頂いたご要望に関しましては、今後の製品開発の参考にさせていただきます。
実装に関しましては、全体の挙動や仕様に関わることが多分にあるため
少なくとも早期の実現は難しいと考えております。ご期待に添えずに申し訳ございません。

また何かお気付きの点などございましたら、当フォーラムをご活用頂ければ幸いです。
引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

「いいね!」 1

素敵なマシンと使いやすいソフトの開発、ありがとうございます。
ユーザ辞書に関する要望です。

辞書の登録に「タグ分類機能」を設けていただけないでしょうか。

私の場合、日常的にさまざまな素材・厚みを使う機会があり、なおかつ、複数のSmartDIY製レーザーカッターを使っているため、ユーザ辞書の登録パラメーターが50件以上あります。

タグで分類&検索表示をしてくれれば、たとえば、#エッチャープロ#切断#MDF#2.5mm みたいなタグで目的のパラメータ記録をすぐに利用でき便利です。
現状ですでに辞書登録名が、上記タグみたいな文字列になっています(ならざる得ない)ので、ユーザー側はタグ登録をあまり手間に感じないと思います。

ご検討ください。どうぞよろしくお願いいたします。

10月末の上記コメント、まったく反応ないなと思ったら、
きっと「返信」で出さないと公式さんに見えないんですね。

改めて、ご検討お願いします。

@matsumoto様

平素より大変お世話になっております。smartDIYsサポートです。
ご返事が遅くなり大変申し訳ございません。
この度は貴重なご意見を頂き、誠にありがとうございます。

今回頂いたご要望に関しましては、社内にて実装可否ならびに実装方法の検討をさせていただきます。

また何かお気付きの点などございましたら、当フォーラムをご活用頂ければ幸いです。
引き続きどうぞ宜しくお願い致します。