板材を切ることができない

#1

不具合ではないと思いますが、なぜか板材を切ることができません。

下記の材料で下記パラメタセットを複数回実行してもレーザーが板を貫通できませんでした。

何が問題として考えられるでしょうか。

ベッドがステンレスなのですが、ステンレスによる熱吸収が問題かと疑い
板を2枚重ねにして上部1枚目の板だけを切ろうとしてもレーザーが2枚目に
到達することはありませんでした。

カットしたいものがカットできず困っております。
どなたかアドヴァイスや考えうる問題点をご存知の方ご教示いただけると幸いです。

■材/厚さ
mdf/2.5mm
シナ合板/3mm(共芯です)

■パラメタセット
mdf 2.5mm
use type:cut
200mm/min 100% 4回
400/100/8
800/100/16
1600/100/32

シナ合板 3mm
use type:cut
200/100/3-4?
400/100/8
800/100/16
1000/100/20

■確認していること
・板がベッドにくっついていること
・レーザーが出力されていること
・レーザーのヘッドの固定具合(高さ調節用のアクリルがスムーズに動き、かつ隙間がほとんどないことを確認)

#2

こんにちは
出力は3.5Wでしょうか?
当方は3.5Wで下記の条件でカットしています。
私の環境では下記の厚みがギリギリのようです。
部分的に薄皮が残りカッターを入れることもありますが、実用上は問題ないです。
MDFもシナベニアもホムセンで購入しました。
100均のクリップボード(MDF)はなぜか全く切り抜けませんでした。
繰り返しのカットラインがずれたりしていないのなら、メーカーさんに相談してレーザーヘッドを点検してもらってもいいかもしれませんね。

MDF2.5mm厚
速度350、強度100、回数8回

シナベニア3mm厚(共芯ではない)
速度300、強度100、回数8回

追記:
ベッドは私もステンレス板で、その上に直置きです。

追記2:
外気温が高くても低くても切れにくくなるようです。
以前メーカーさんに問い合わせた際は25度位を推奨されました。
私の印象では15度を下回り、30度を超えると切れにくい気がします。
夏場は早朝や夜に作業していました。

#3

自分は3.5wでアガチス3mmを
200〜250 100% 5〜6回でカットしてます。

#4

すみませんW数を忘れていました
3.5Wになります。

やはり速度が遅いほうが切れるのでしょうか?
一度200程度で試してみます

#5

ご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。

低速でやられているのですね。

いただいたパラメタで試してみます!

これでダメなようならメーカーに相談いたします。

本当にありがとうございます。

#6

ありがとうございます。

いただいたパラメタを参考に再度試してみます!

#7

3.5Wです。
私は材料はMDF2.5mmを4回でスパッと切れるようになりました。
パラメータは、ヘッドスピード300、パワー100、回数4です。
今まで回数を増やしても切れないことが多く、ベルトの張りの調整を何度もくり返し行いました。
ベルトの調整で少し改善されましたが、一番効果があったのが、ローラーの調整だったと思います。
レールに接触するローラー全てが均等に回るように、あたりが強すぎず、少し接触する程度で、手でローラーを動かすととサラサラ回るくらいに調整しました。
ヘッドを支えているローラーは少し強めに締めました。ヘッドがぐらぐらしているとカットラインも太くなると思います。
今では、1回目のレーザーの溝に、2回目のレーザー、3回目、4回目とレーザーが同じ場所を通るようになったのでのカットラインが殆ど太くならなくなりました。
これは、私の場合ですので…
カットラインが回数を重ねるごとに、太く炭のようになっていたら、ハードの調整を見直してみてはいかがでしょうか?

#8

ありがとうございます。大変参考になります。
おっしゃるとおり、部分的ではありますが、太く炭のようになっている部分がありました。
4回で切れるようになるとかなり作品の幅がひろがりますね!

ローラーの部分を見たところ、動力がある側のユニットのローラの片側(2つローラーがついているほう)が動いていませんでした。私の場合ゆるすぎたのかもしれません。
いただいた情報を元に調整をしてみようと思います。

ローラー調整の際はどのように行うと良いでしょうか?
すべてのレールを分解するほうが良いでしょうか?

#9

kojikojiさん

お世話になっています。

あれからいろいろと試してみたのですが、
ベッドの違いについてはステンレスより
ステンレスの上に何か薄い板をかませるほうが
よく切れるようでした。

以上情報共有になります。

1 Like
#10

kimani999さん

先日は情報ありがとうございました。

kimani999さんからいただいた情報を元に
あれからハード面について色々と試してみましたが、
やはりFLM3.5WでMDF2.5mm厚はスピード300/パワー100/回数8でギリギリ切れるか切れないかでした。。。
#はやく4回で切れるようになりたいです。。。。とほほ。。。。

試したこと
1.ベルトテンションの調整
ベルトをきつめに調整しました
2.ローラーの調整
ローラーの噛み具合をレンチで調整しました
3.ベッドの材質変更
ステンレスベッドの上に板を敷きその上で切断

1.については自分の場合初めから強く張っていたため変化がありませんでした。

2.についてはまだ試す余地があり、そもそもローラーを枠にはめ込む段階で少しずれており、レンチで調整するだけでは全てのローラーが均一に回転するようにできませんでした。
こちらについては本体を分解して調整をしてみようと思います。

3.については一定の効果があるように見受けられます
ステンレス上で切れなくても板を一枚敷くだけで切れたりしました。
これはステンレスによる吸熱がないためだと考えます。

そのほかお気づきになる点ないでしょうか。。。。

#11

image
この写真で分かりますでしょうか?
ステンレス製の板に直に素材を置きカットしていましたが、貫通しているかわかりずらく、木材から出る液体で汚れてしまうので、素材を浮かせてカットしています。
100均で売ってるマグネット中と小とワッシャーを接着してあります。
素材の下にも何個か小マグネットを置いて、2.5㎜程浮かせてあります。ワッシャーの角を爪にして素材を固定しました。このマグネットで素材の4隅を固定してあります。マグネットですので、ステンレス板にしっかり固定されるので反らず、貫通するとストンとカットした部分が落ちるので貫通したか確認できます。

ベルトの張りですが、私は3dプリンターで簡単な治具を作って、ネジで微調整が出来るようにしました。キツすぎてもカットラインが太くなるようです。

ローラーですが、私もいくら調整してもうまくいかず偏りがありました。フレームを直角に調整したらバランスが取れた気がします。ヘッドが左右にぐらつかない程度にローラーを調整しました。

左右のローラーの調整ですが、偏心ナットだけでなく、内側のローラーの上の六角ネジの微調整したら、全てのローラーが均等にあたるようになりました。

この方法で、なんとか4回で切れるようになりました。もう何が正解か分かりませんが、もうこの調整を弄りたくありません…。完璧な調整ができたら3回でカットが出来るかもしれませんね。

1 Like
#12

Shin-ichi_Takemuraさん

作業ベッドがステンレスのような金属だと熱を奪うのではという意見がFBのフォーラムでもありました。

MDF2.5mmのカットの補足ですが、私の場合
Y軸方向に比べて、X軸方向のカット痕が太い傾向があります。
しかも右から左へカットする際だけ太くなり、カット残り(薄皮)が発生しやすいです。
左から右へカットの場合はY軸と同じくらい細いです。
これを解決すれば回数8回を6回にできると思っています。
今は安全を見て8回でカットしている次第です。